サワシリン ワールド通販

ノバマックス500mg(サワシリン・ジェネリック)

 

 

 

ジスロマック500mg

 

 

 

 

 

サワシリンの大要【ワールド通販】

サワシリンは、肺炎球菌やインフルエンザ菌による肺炎・副鼻腔炎・中耳炎・髄膜炎・気管支炎などに効果があります。ノバモックスは、サワシリンと同じ有効成分アモキシシリンを含有しており、同程度の治療効果が期待されます。サワシリンは、細菌に対する治療効果が高いため、短期間で治療したい方におすすめです。また、ペニシリンが効かない患者さんにも慎重に処方されます。

大腸菌、インフルエンザ菌、その他に一部のグラム陰性菌にも効果があり、扁桃炎・気管支・咽頭炎炎・中耳炎などの軽い接触感染症の治療にもサワシリンは使われます。有効成分のアモキシシリンは、接触感染症治療用のペニシリン系間質性抗生物質です。淋病、梅毒などの感染症をはじめ、皮膚炎・急性気管支炎・呼吸器系接触感染症・接触感染症など、多くの感染症に効果が認められています。万一、腹痛や下痢などの副作用が顕著になった場合は、直ちに服用を中止してください。サワシリンの摂取を中止しても症状が変わらない場合は、お近くの医療機関にご相談ください。

ノバモックス(Nomamox)250mg・500mgは、淋病や梅毒に効果のある抗生物質で、サワシリンと同一成分であるアモキシシリンを含みます。細菌による接触感染症の治療に役立つ商品で、接触感染症以外にも扁桃炎・咽頭炎・気管支炎・中耳炎などの治療にも活用できます。ノバモックスによる梅毒の治療期間は、症状の経過状況によって上下し、1期の梅毒で2~4週間、2期で4~8週間となります。梅毒は症状が進行するとなかなか良くならないので、当然治療期間も長くなります。

アモキシシリンは、単純な接触感染からピロリ菌の除菌まで多くの用途がある抗生物質なので、常備薬として持っておくことが大切です。また、ピロリ菌に対して明確な殺菌効果を発揮します。サワシリンの有効成分であるアモキシシリンは、梅毒や淋病などの性病に効果があるだけでなく、殺菌効果も強く、大腸菌、インフルエンザ、ヘモフィルス・ミラピリス、溶連菌などの接触感染症、皮膚炎、気管支炎、子宮内感染、膀胱炎などの治療にも使用することができるのです。多種多様な感染症の治療に活用されています。

急性副鼻腔炎や急性中耳炎の治療指標では、サワシリンが主薬として推奨され、取り入れられています。これらの接触感染症に対するサワシリンの有用性は、中耳炎で81.5%、肺炎で85.3%、気管支炎で77.3%となっています。グラム陽性菌を中心に、大腸菌、インフルエンザ菌、一部のグラム陰性菌に有効であるが、緑膿菌やセラチア菌には効果が認められていません。

アモキシシリンはペニシリン系の抗生物質になります。日本では、「サワシリン」や「パセトシン」の名称で医療用医薬品として流通しているのが確認されています。一般的な接触感染症から性感染症の淋病や梅毒まで、サワシリンも治療効果を発揮しています。サワシリンの有効成分であるアモキシシリンは、細菌やグラム陽性菌の増殖を防ぎ、細菌による様々な接触感染症に効果を発揮します。

タイトルとURLをコピーしました