ジスロマック 通販web窓ロ

ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックの大要【通販web窓ロ】

ジスロマックは、マクロライド系に分類され、有効成分としてアジスロマイシンを含有する抗生物質です。接触感染症の原因となる細菌は体内に侵入し、浮腫、発赤、発熱などの炎症症状を引き起こします。炎症症状は、体が細菌と戦う必要がある証拠で、それをサポートするために抗生物質を内服し、より早く細菌の増殖を防ぎ、炎症症状を抑えます。

細菌が増殖するときは、すべてタンパク質の合成によって行われます。人間と同じように、細菌の体も主にタンパク質で構成されています。ジスロマックは、タンパク質を生成するリボソームという器官が仕事をするのを阻害する薬です。リボソームに結合することで、リボソームの利用を妨害します。

ジスロマックの服用回数は、症状によって異なります。服用時間に制限はありませんが、成分の血中濃度を安定させるために、毎日決まった時間に服用することが大切です。また、食事の帰りよりも空腹時の方が成分の吸収率が高くなります。クラミジアの治療では、ジスロマックの投与は1回のみです。他の薬では1週間続けて挑戦する場合、1日4~5回の服用が必要なので、ジスロマックの1回で済む機能性は非常に優れていると言えます。

ジスロマックは時間に比例して血中の中和時間が長くなるため、1日1回の服用で3日間と長く服用でき、この系統の抗菌薬を7日間、10日間服用したのと同じことになります。薬理学的には、タンパク質合成阻害剤となります。細菌の増殖に必要なタンパク質鎖の伸張を阻害することで、細菌の増殖・拡大を抑制します。

ジスロマックは、強力な経口タイプの抗生物質です。粉末を飲料水に溶かして服用することで、強力な殺菌効果を発揮します。ジスロマックのクラミジアに対する有効性は、承認時に実施された臨床試験で実証されています。クラミジアによる尿道炎および子宮頸管炎の患者さん108名を対象に、ジスロマックの高用量(有効成分1mg)を投与したところ、90.7%の方に症状の改善が認められました。

ジスロマックは比較的新しいマクロライド系抗菌薬で、同クラスの他の薬剤と比較して胃酸による失活が少なく、体内に浸透することを目的に高濃度で長時間残存します。ジスロマックは抗生物質の中でも特に持続性が高く、わずか数回の服用で細菌性接触感染症の治療が可能です。ジスロマックの生みの親であるファイザー社は、2013年の売上高で世界一の製薬会社となり、技術的に優れた医薬品を世界中に供給していることがわかります。

ジスロマックは、クラミジアや歯周病など、予想以上の効果が期待できる抗生物質です。ジスロマックは即効性があり、患者さんの元に戻ってからわずか1日で効果を発揮します。クラミジアなどの細菌による接触感染症は、病気の原因となる細菌が接触感染した部位でタンパク質を合成し、拡散することで感染します。症状は、患部の炎症と発熱が特徴です。

タイトルとURLをコピーしました