ゾビラックス 通販リサーチ

ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスの大要【通販リサーチ】

ゾビラックスは、単純ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスの治療に使われる抗ウイルス化学療法薬で、アシクロビルを有効成分とする初めての抗ヘルペスウイルス薬です。ゾビラックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える薬であって、ヘルペスウイルスをやっつける薬ではないので、ある程度ヘルペスウイルスが増殖していると効果が出ないので、早期発見、早期発症時に投与しないと大きな効果は得られません。そのため、早期発見、早期発症のタイミングでゾビラックスを投与することで、大きな効果を得ることができます。

ゾビラックスの開発により、ウイルスを抑制するヘルペスの治療法が確立されました。ルペスの治療という肉体的、内面的な不安は解消され、非常に怖かった新生児ヘルペスの致死率が90%から30%に、ヘルペス脳炎の致死率が70%から20%に下がり、極めて困難だったヘルペスが治療できるようになったのです。治療が困難であったヘルペスの治療の基礎ができ、多くの命が救われたのです。

ゾビラックスは、製薬分野で非常に高いシェアを持つグラクソ・スミスクライン(GSK)社の製品で、ヘルペスをはじめとする皮膚疾患の治療薬です。有効成分のアシクロビルが、ヘルペスやおでき、帯状疱疹などの病気の原因となる菌の増殖や成長を抑制し、殺菌・緩和する効果があります。口唇ヘルペスや帯状疱疹にお悩みの方、また再発予防薬として服用されたい方におすすめです。

ゾビラックスは、ヘルペスウイルスによる単純ヘルペス(顔面ヘルペス・口唇ヘルペス・カポジ水痘様発疹症)、水痘、帯状疱疹の治療に使用されます。ヘルペスの再発とヘルペスウイルスの増殖をなくし、症状を回復させる効果があります。ヘルペスウイルスの再発率は高く、初回の接触感染で70%以上の再発率を示します。また、出産時に母親がヘルペスに感染していると、医師から帝王切開を勧められるなど、母子感染の可能性が高くなります。

わが国ではヘルペス治療薬としてゾビラックスやバルトレックスが処方されることが多いです。それらの有効成分である「アシクロビル」は、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるために普及した抗ウイルス剤で、ヘルペスや帯状疱疹などのウイルスに有効です。1988年に日本で承認されて以来、ゾビラックスは30年にわたりヘルペスの治療に使用されています。

ヘルペスの再発を防ぐために、ゾビラックスは早期治療におすすめです。内服薬に抵抗がある方は、外用薬であるアシビルクリームをお試しください。ゾビラックスはグラクソ・スミスクライン(GSK)社の正規品です。

ゾビラックスは、口唇ヘルペス、帯状疱疹、水痘などに効果のある抗ウイルス薬です。ゾビラックスの効能は、真っ赤なぶつぶつや水ぶくれの病気不相応な状態を最小限に抑え、再生までの時間を短縮させます。ゾビラックスは、すべてのヘルペスウイルスに効果があるわけではありません。単純ヘルペスウイルスと水痘帯状疱疹ウイルスにのみ限定されます。

タイトルとURLをコピーしました