ケトコナゾール 通販コンソール

ニゾラールクリーム2%

ファンギノックスソリューション(ケトコナゾール2%ローション)

 

 

 

 

 

ケトコナゾールの大要【通販コンソール】

ケトコナゾールクリームは、長い歴史を持つ抗真菌剤の外用薬です。どんな症状にも使いやすいクリームタイプで、皮膚への負担が少ないのが特徴です。ケトコナゾールは、水虫などを平準化する外用薬です。優れた殺菌効果で日本でも人気の処方薬「ニゾラールクリーム」と同じ成分「ケトコナゾール」を配合した抗真菌薬です。

ケトコナゾールクリームの有効成分であるケトコナゾールは、真菌の成熟を阻害し、真菌を死滅させるという強い抗真菌活性を有しています。ケトコナゾールは、白癬菌によって引き起こされる水虫、カンジダ症、白癬などの皮膚疾患に悩む方々のための外用薬です。患部に塗布することで、有効成分であるケトコナゾールが真菌の増殖を抑え、症状を緩和します。

水虫、白癬、カンジダ症など、真菌による素肌に起こる真菌症の治療に用いられます。ケトコナゾールクリームは、ニゾラールクリームのジェネリック医薬品であり、有効成分はケトコナゾールです。ケトコナゾールクリームの特長は、のびがよく、効き始めるまでに時間がかからないことです。通常製剤はジェネリック医薬品で、先発品の商品名は「ニゾラールクリーム」です。ニゾラールクリームと成分や効果は同じですが、肝心のコストが割安に設定されているのが特徴です。

水虫というと男性が感染するイメージがありますが、近年は女性の接触感染も増えており、女性の5人に1人は接触感染したことがあると言われています。錠剤の抗菌剤は全身に効果がある反面、副作用が強いという特徴がありますが、クリームの場合は治るまでに時間がかかる副作用があまりなく、効果はともかく他の抗菌剤より効果があることが知られています。

ケトコナゾールは現在研究中ですが、AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制し、AGAの予防・改善に有効であることが報告されています。そのため、フィナステリドやミノキシジルとともに薄毛治療のためにケトコナゾール配合のシャンプーやローションを使う男性も増えてきています。

ケトコナゾールは、真菌細胞の細胞膜成分であるエルゴステロールの合成を阻害することにより、真菌の発生を制御・防止し、殺菌抗真菌作用を発揮する。エルゴステロールは真菌細胞特有の成分で、ヒトの細胞とも言える哺乳類の細胞には存在しないため、体内の細胞と反応しない安全な成分です。主成分のケトコナゾールは、水虫菌の細胞膜を破壊することで殺菌作用を発揮し、強力な殺菌力を発揮する。ケトコナゾールクリームの有効成分であるケトコナゾールは、真菌の増殖を抑制し、真菌を死滅させるため、真菌感染症による症状を改善し、根本的に治すことが期待されます。

有効成分のケトコナゾールは、イミダゾール系抗真菌薬に分類され、真菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで抗真菌効果を発揮します。ケトコナゾールは、薬理学的には「イミダゾール系原因菌」と呼ばれる抗真菌剤で、確かな抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを特徴とする。白癬菌、カンジダ菌、癜風菌など、多くの真菌に対して抗真菌活性を示します。

タイトルとURLをコピーしました