フォルカン 通販カンパニー

フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンの大要【通販カンパニー】

フォルカンの有効成分であるフルコナゾールは、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの合成を阻害します。エルゴステロールを発現できない真菌は、細胞膜活性が低下し、真菌細胞数が増加することが確認されています。有効成分フルコナゾールは、アゾール系抗真菌剤に分類され、他の抗真菌薬と比較すると効果はやや劣るが、カンジダに対する有効性が高く、副作用が少ないことが特徴です。

エルゴステロールは、エブリコールという結びつきの強い14-C脱メチル化反応系で合成される生命合成物質です。フルコナゾールは、14-C脱メチル化マッチに必要なチトクロムP450に結合して、この役割を阻害します。フォルカンによる症状の再確認は、早ければ服用後3日程度で確認できます。フォルカン服用後、初日の出から数ヶ月が経過するころには、ほとんどの方が自覚症状を完全に失っています。服用は1日1回で、食後数分以内に服用します。以後の服用は、たとえ初回服用後でなくても、前回服用後24時間以上経過してから行ってください。

ジフルカンの28週間の臨床試験には、カンジダ性膣炎または外陰炎の患者さん99人が含まれていました。フルコナゾール150mgを2回に分けて服用してもらい、81.6%、80名の患者さんに膣炎または外陰炎が正常化したことが確認され、治療効果が検証されたのです。フォルカンは、ファイザー株式会社が製造・販売する抗真菌薬「ジフルカン」(ダイフルカン)のジェネリック医薬品です。服用することでカンジダ症の治療や、再発防止に効果があることが研究報告されています。

フォルカンの有効成分であるフルコナゾールは、効果の持続性に優れ、長期間にわたって何度も発生させる力があることが特徴です。腟カンジダ症は、カンジダ属の真菌が腟内に感染することで発症する病気です。特徴的な症状は、外陰部のかゆみと多量のかゆみです。痒みは非常に強く、炎症がひどい場合は痛みを伴うこともあります。

膣カンジダの既往がある女性は、およそ5人に1人(10~50%以上)です。外陰部のかゆみや炎症、おりものの増加や異常は、腟カンジダ症の主な症状です。カンジダ症には、「フォルカン」などのフルコナゾール製剤が有効です。フルコナゾールはカンジダ菌に優れた効果を示し、特に膣カンジダ症の治療に適しています。日本で行われた臨床試験では、腟カンジダ症患者に先発薬ジフルカン150mgを単回投与したところ、症状の抑制率が約96%と記録されています。

フォルカンは、医療用医薬品である「ジフルカン」と同じ有効成分を含むジェネリック医薬品です。真菌(カビ)の増殖や活性化を抑制し、かゆみや炎症などの症状を改善します。店頭販売で有名な製薬会社シプラ社が販売しているフォルカンは、カンジダ症などを最適化する性病治療薬「ジフルカン」のジェネリック医薬品です。1978年にファイザー社が開発したトリコナゾール系抗真菌薬であるジフルカンと同一成分が配合されています。

タイトルとURLをコピーしました