ザガーロ 通販サイトジェネクリ【最安値購入】

アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

 

 

ザガーロの大要【 通販サイトジェネクリ】

プロペシアの有効成分であるフィナステリドはⅡ型5αリダクターゼにのみ作用しますが、ザガーロの有効成分デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に有効です。デュタボルブは生着だけでなく、発毛を音声化する効果もあることが知られています。ミノキシジルと併用することで、より効果的に発毛させることができます。

アボダートの有効成分であるデュタステリドは、従来のAGA治療薬に使用されている成分であるフィナステリドよりも少ない本数で検査ができることで注目されている成分です。デュタステリドの低発毛効果を偵察する臨床試験では、20歳から50歳のAGA患者にデュタステリド0.5mgとフィナステリド1mgを投与し、24週間にわたって測定しました。被験者の頭頂部において、直径2.54cmの円内に伸びた毛髪の平均量を算出しました。

デュタボルブは、ザガーロの海外製ジェネリック医薬品で、主成分はザガーロと同じデュタステリドを0.5mg含有しています。デュタステリドは、フィナステリド(プロペシア)では治療できないI型5αリダクターゼに起因するAGAに対して高い治療効果を発揮することが知られています。これに関連して、韓国では既に男性脱毛症の治療薬として正式に承認されており、日本では2009年に前立腺肥大症の治療薬として厚生労働省から承認されています。

プロペシアの有効成分はフィナステリドですが、アボダートの有効成分はデュタステリドと呼ばれるものです。実は、デュタステリドはフィナステリドよりも抜け毛を抑制する効果が高いと言われています。デュタステリドは5αリダクターゼという酵素に作用し、男性ホルモンに反映されると脱毛の元となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。デュタステリドはこの酵素を阻害することで、抜け毛の元となる量を減らし、抜け毛を予防します。

純日本式の場合、一般の人は健康保険の仕組みがあり、病気になった場合、3割の自己負担で保険検査が受けられる。しかし、脱毛症の治療は、生命保険の訪問診療の対象とならないフリータイム診察に指定されているため、100%自費診療となる。これは一般の皮膚科やAGAクリニックでも同じです。任意診療は医療機関ごとに価格が設定できるため、同じ治療薬を投与しても治療費がかなり違ってくることも珍しくありません。

髪の少ない男性に間違いなく適用できる評判の良い治療法は何ですか?と聞かれたら、ほとんどの人がプロペシア(有効成分フィナステリド)かリアップ(有効成分ミノキシジル)と答えると思います。プロペシアは厚生労働省の認可を受けており、知名度も実績もある治療法です。しかし、2015年に日本で解禁された「ザガーロ」は、プロペシアよりも効果が高いと言われ、今注目を集めているのです。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモンの一種)をDHTに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っています。アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することで、肥大した前立腺を小さくすることが期待できます。

タイトルとURLをコピーしました