バルトレックス 通販井上薬局

バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

バルトレックスの大要【通販井上薬局】

バルトレックスは、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹などの再発性除菌に有効な抗ウイルス剤です。単純ヘルペスとは、一般にヘルペスと呼ばれる病気です。単にヘルペスとも呼ばれ、性器にできた場合は性器ヘルペス、口唇にできた場合は口唇ヘルペスとも呼ばれます。

バルトレックスは、ウイルスの増加を抑制することで、ヘルペスに高い効果を発揮します。ウイルスの増加を抑えることで、病気のような部分の広がりや炎症の乱れを最小限に緩和し、治癒を早めることができます。ヘルペスウイルス接触感染症の症状は、初期の段階で治療する必要があります。ウイルスが増殖してしまうと、治療薬で治療してもなかなか症状が進行しないため、ウイルスが野放しになる前に行うことが重要です。

バルトレックスで補う場合は、いつもより多めにしっとり摂ることが大切です。そして、医師のセミナーを受けずに自分で使用を中止するなどの判断をしないことが大切です。バルトレックスの有効成分であるバラシクロビル(VALACYCLO VIDEOIR)は、アシクロビルのメカニズムを少し変えて腸から吸収されやすくした抗ウイルス薬です。

バルトレックスは、有効成分であるバラシクロビル塩酸塩を含有し、頭のてっぺんから足の先まで、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス剤アシクロビルに変換されます。バルトレックスには、必要な有効成分であるバラシクロビルが含まれており、ウイルスのDNA形成を阻害し、正増殖を抑制する。また、ウイルスの急激な増加を抑制する役割に加え、皮膚の発疹の発生や病変部の皮膚状態の悪化を抑制する働きもあります。

性器ヘルペスの接触感染リスクを焼くにはゴムが有効ですが、ゴムで守れない場所にもやってくることがありますのでご注意ください。アシクロビルがDNAに取り込まれる際にリン酸化されるには、接触感染した細胞で誘導される酵素(チミジンキナーゼ)が必要です。ウイルスに汚染されていない正常な細胞ではリン酸化が起こらないことが、アシクロビルがDNAに取り込まれない理由です。

ヘルペス発症後、現段階では重要視されるほどウイルスは増殖しないため、バルトレックスの早期承認は高い効果を発揮し、異常の崩壊を事前に防ぐことが可能です。アシクロビル三リン酸は、ウイルスDNAポリメラーゼがウイルスDNAの3’末端に取り込む際に、通常の基質であるdGTPと競合し、ウイルスDNA鎖の進行を止め、ウイルスDNAの生成を阻害する。これらの作用は、接触感染した細胞のみが保有するウイルスのチミジンキナーゼによるものであるため、ウイルスに接触感染していない細胞に対しては、高いニドトロピック活性はないと考えられています。

バルトレックスの服用方法は、食後に体内に取り込むというシンプルなものです。副作用も少ないとされており、非常に使い勝手が良いです。性器ヘルペスの再発防御のためにバルトレックスを体内に取り込むことで、配偶者との接触感染を鎮めることも確認されています。ただし、完全ではないので、接触感染の可能性を減らすために、ゴムの使用が推奨・混合されています。

タイトルとURLをコピーしました