マーベロン 通販井上薬局

ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

マーベロンの大要【通販井上薬局】

マーベロンは性腺の能力を司るホルモンの一つである卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制する作用があります。これにより、卵胞ホルモンの分泌が抑制され、通常とは異なるホルモンの最適化が行われるため、子宮内膜が満足な厚さに成長せず、受精卵の付着層が阻害されるのです。有効成分を含む21錠は、すべて同量のホルモンを含有しています。服用期間中に錠剤を分割する必要がなく、1錠ごとにホルモン量が異なる三相性薬剤のような誤認識や飲み忘れの心配がありません。

有効成分は、デソゲストレル0.15mg、エチニルエストラジオール0.03mgなど。子宮内膜症の発症にも使用され、避妊以外の目的で服用する人もいます。現在のピルは、デソゲストレル0.15mgとエチニルエストラジオール0.03mgという2系列の女性ホルモンが加わることで、妊娠時のホルモン平衡に近づき、排卵を伴わない避妊効果が得られるようになっています。

マーベロンには、黄体ホルモンと同じ働きをするデソゲストレルが配合されています。デソゲストレルは、第2世代までの低用量ピルに含まれる黄体ホルモンと比較して、男性ホルモンによって皮脂腺が活性化されるアンドロゲン活性が低いため、ニキビやムダ毛の原因になりにくいと言われています。マーベロンもニキビに効果が期待でき、適度な反応として脂性に代わる。避妊以外の目的でマーベロンを輸入する女性もいます。

マーベロンを取り入れる際には、いくつか注意する点があります。年齢、喫煙、肥満、家族歴などの危険因子に関係なく、副作用として血栓が発生することがあります。避妊効果は、7日軽以上の連続服用で発現します。効果が発現するまでに体全体の経済状態のほとんどが整うため、高い確率で避妊作用が得られます。マーベロンの効果は、長期間の摂取により維持することができます。

マーベロン錠1錠には、マーベロンと同様にデソゲストレル0.15mg、エチニルエストラジオール0.03mgが含有されています。低用量ピルの避妊効果はピルに含まれる女性ホルモンによるものなので、マーベロンを服用することでマーベロンと同様の避妊効果を期待することができるのです。低用量ピルは排卵を抑制することで、卵巣や子宮を休ませてホルモンの均衡状態を整えることができます。そのため、避妊以外にも素晴らしい効果があります。例えば、月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビなどの治療に使用することが可能です。

1周期(28日間)に服用する21錠のホルモン含有総量が規定量(一相性)であるため、誤認識や飲み忘れの可能性がありません。マーベロンは低用量ピルで、21錠すべてが同一成分である「単相性」に分類されます。マーベロン服用後、1週間後に避妊効果が得られます。避妊効果が尽きることはなく、それは服用を続けることで初めて得られるものですが、服用を中止することでその効果を発揮することができます。月経は服用を中止してから1~2ヶ月で再び始まります。

タイトルとURLをコピーしました