サビトラ 通販井上薬局

サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの大要【通販井上薬局】

初めてサビトラを服用される場合は、ピルカッターで半分にカットして半錠ずつ服用するか、何もない場合と同じ錠数から服用されることをお勧めします。サビトラは他のED治療薬と違い、食事の影響を受けないので、いつでも服用でき、パートナーを満足させることができます。

レビトラジェネリック「サビトラ」は、バイアグラに次いで全国で2番目に承認されたED治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。他のED治療薬と違い、食べ物の影響を受けずに浮くことができ、季節を問わず体内に取り入れることができ、いつでも相手を満足させることができるという独自の利点があります。


ドイツのバイエル社が創製・販売するED(勃起不全)治療薬レビトラと同じ有効成分を持つジェネリック医薬品です。勃起をより強固なものにし、性交の発生率を高め、男性の記憶力を回復させる効果があります。アルコールと併用してもサビトラの作用に影響はありませんので、よほど酔っていない限りアルコールと一緒にサビトラを服用しても不安になる必要はありません。

サビトラはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどと変わらないED治療薬の一種です。ドイツのバイエル社が加工・販売しているレビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルを20mgの容量で配合しています。サビトラは、レビトラと同じ有効成分を含有するレビトラのジェネリック医薬品です。有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、PDE5という酵素を選択肢から止めるPDE5阻害作用を持っています。

近年、EDの治療薬としてはホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬が主流となっています。体内に存在するPDE酵素は1~11種類以上あり、PDE群5は陰茎に多く存在しています。詳しい研究結果はありませんが、サビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)を服用した男性の多くが、射精時間が伸びると宣伝しています。サビトラは10mgと20mgの2種類の用量があり、レビトラも2種類の用量で大差はありません。10mg錠も20mg錠も効き始めるまでの時間は同じですが、効果が持続する距離は成分の配合によって異なります。

サヴァメディカ社が開発したサビトラは、ED治療薬の元祖であるレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルを配合しており、ED治療薬の中でも即効性があるのが特徴です。注意したいのは、サビトラは媚薬や精力剤には含まれていないことです。体内に取り込むことで欲望が高まるというような事情はないのです。外部から刺激を受けて初めて勃起を促し、ペニスの強度を高める力を発揮するのです。精子の運動率、精子数、射精量を増加させる効果はありません。

サビトラ10mg錠は、中間の20mg錠が体に負担がかかる場合、よりインパクトのあるものから服用できるように開発されています。10mgは一般的に5時間を超えて6時間、20mgは8時間を超えてほぼ8時間、10時間有効です。

タイトルとURLをコピーしました