ヤスミン 通販ディビジョン【最安値で早い発送可】

ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

ヤスミンの大要【通販ディビジョン】

ヤスミンは、21錠入りの新しい第4世代の低用量ピルです。避妊だけでなく、むくみやニキビ、セキュリティの治療、更年期の影響を相殺するために使用されることもあります。副作用がほとんどないため、人気のある避妊薬です。ヤスミンの女性に優しい配慮は、超低用量ピル「ヤーズ」など、その後の製品にも生かされています。

黄体ホルモンは子宮頸管粘液の粘度あたりを高め、精子を通過しにくくすると考えられています。低用量ピルが避妊薬として高い効果を発揮するのは、排卵を抑制し、子宮内膜の再生を抑制し、精子を通過しにくくするという三位一体の作用があるからなのです。ちなみに、薬の服用を中止すると、再び脳下垂体が卵巣を刺激して排卵を促します。

第4世代は、従来の低用量ピルに比べ、体重増加、むくみ、皮膚障害などの副作用が出にくいのが特徴です。特にヤスミンは、有効成分のドロスピレノンが天然の黄体ホルモンに近い利尿作用や抗男性ホルモン作用を持つため、これらの副作用が少ないと評価されているのです。本剤は、合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mg、黄体ホルモンであるドロスピレノンを0.3mg含有し、下垂体に作用して性腺刺激ホルモンであるゴナドトロフィンの分泌を抑制し、それにより排卵を抑制するものです。

2000年に承認された新しい経口避妊薬で、1錠に規定量の女性ホルモンが含まれる一相性の良いピルです。カラフルなピルの摂取をコントロールできないため、けいれんの心配はありmせん。子宮内膜は受精卵のベッドであり、成長して厚くなると受精卵が子宮内膜にくっつきやすくなり、子宮に移動しやすくなります。

ニキビの発生、むくみ、ガスの滞留などの副作用が大幅に軽減され、米国では第4世代の経口避妊薬の中で最も処方されています。ヤスミンは超低用量ピルなので、副作用といえば思い浮かぶ吐き気や頭痛などのひどい症状も軽減されました。

ヤスミンは超低用量ピルですが、避妊反応の確率は絶対的に高く、効果も強力で有効です。避妊目的での服用が推奨されていますが、卵巣嚢腫の治療やニキビの治療・予防のために体内への服用も推奨されています。高価な避妊効果に加え、むくみやニキビの修復に適度な影響を与え、月経痛を短縮し、月経を正常な状態に戻すと言われています。

月経や妊娠は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の最適なバランスが変化することで成立しています。低用量ピルを服用して少量のエストロゲン&プロゲステロンを体内に詰め込むことで、脳下垂体は「女性ホルモンがたくさんある=妊娠」と認識し、卵胞の発育、排卵、子宮内膜の再生産を制限するのです。ドロスピレノンは、天然の黄体ホルモンによく似ているため、自然に作用します。皮膚改造の原因であるアンドロゲン(男性化)作用に強いため、肌トラブルを防ぎます。

タイトルとURLをコピーしました