アフターピル 通販ダイジェスト

アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルの大要【通販ダイジェスト】

確かにアフターピルは妊娠失敗時に体内に入れることで妊娠の確率を100%割り引くことができますが、アフターピルはあくまで薬です。ある程度副作用が起こる可能性があることも知っておかなければなりません。タクティカル(緊急避妊ピル)とは、緊急避妊のためだけに服用できるホルモン剤を配合したノルレボ錠のジェネリック(後発医薬品)「レボノルゲストレル錠1.5mg」という薬を1回内服することを実践することです。避妊をしない性交が行われた後、72時間以内に1錠を1回服用します。1回の内服で終了となります。

アフターピルの効果は、性行為後どの程度で体内に取り込まれるかによって、あっちに行ったりこっちに行ったりします。もちろん、あくまで100%理論の話なので、100%妊娠しないとは言い切れませんが、避妊に失敗したと自覚している方は、現実的に服用した方が良いでしょう。アフターピルは緊急時の避妊薬なので、基本的には避妊をあきらめたと思った時に飲むのが正しい飲み方です。

経過後72時間までの性交であれば、97%の確率で成功すると言われています。症状を説明するだけで処方してもらえます。ピルを使用するヤッペ法は副作用が多く、1月2人は頭が鈍くなり、20%近くが嘔吐しています。また、頭痛や胴部痛が1%、2~3日の方が多いようです。アフターピルは中絶薬ではなく、妊娠を止める薬です。受胎後1週間ですでに妊娠している場合、緊急避妊ピルの効果はありません。また、妊娠初期に緊急避妊ピルを使用したとしても、胎児に悪影響を及ぼすことはないといわれています。

緊急避妊ピルをできるだけ早く、性交後72時間以内に服用することで、排卵を抑え、受精を防ぎ、受精卵が子宮にくっつくのを防ぐことができるのです。以前はヤッペ法(昼食後に2錠服用)がよく使われていましたが、現在は「レボノルゲストレル」が発売され、避妊効果が高く、副作用の少ない緊急避妊法としてWHOでも推奨されています。アフターピルの副作用は一時的なものです。アフターピルの副作用はほとんどが一時的なものですが、これらの症状が3~4日または数週間続く場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。

アフターピルには重篤な副作用はほとんどありませんが、一時的な副作用はあります。副作用の多くは、吐き気や嘔吐です。従来のヤッペ法では、働きかけられた吐き気が続き、少し嘔吐することが多かったのですが、ノルレボ摂取後は吐き気が非常に薄く、最近では嘔吐が問題になることはほとんどありません。時間が経つにつれて、避妊具の誤飲率は高くなるので、いつ承認するか、どのように服用するかは重要です。

緊急避妊薬の繰り返しの使用はお勧めできません。3週間以内に生理が来ない場合は、妊娠専門クリニックが必要です。緊急避妊は、無防備な性行為や避妊の不手際があった場合、コンドームが破れても妊娠を防ぐことができる避妊方法です。性交の秒針から72時間以内に緊急避妊ピルを認めることで、排卵を抑制して受精を防ぎ、受精卵の子宮への装着・床置きを防ぐことができます。

タイトルとURLをコピーしました