トリキュラー 通販スーパーpw

トリキュラー21

 

 

 

ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トリキュラーの大要【通販スーパーpw】

トリキュラーは、連日継続して服用する低用量ピルです。正しく服用すれば通常100%妊娠を回避できる避妊薬で、医療機関で処方されることが多く、通販でも人気があります。自然な形でホルモンの最適化が行われるため、副作用のリスクが少ないという利点があります。

月経のペースが乱れると、ホルモンの最適化が乱れ、情緒不安定になったり、肌荒れなどのトラブルが発生することがあります。トリキュラの使用に同意することで、月経のペースが正常に戻り、これらの困難な問題の結果を改善することができるはずです。低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、これらの女性ホルモンを少量保証することで、ホルモンバランスを変化させ、避妊効果を高めることができるのです。トリキュラー21には、プロゲステロン製剤のレボノルゲストレルと、エストロゲン製剤のエチニルエストラジオールが配合されています。

黄体ホルモン製剤は、子宮頸管(子宮の入り口)の粘液を変動させ、精子が子宮に入るのを防ぐ。その他、薬の服用を中止すると、脳下垂体が再び卵巣を刺激して排卵を促します。トリクロンに含まれる女性ホルモンの血中濃度が高くなり、ホルモンバランスがデイリーとは異なる状態に変化すると、子宮内膜が巨大な厚さに成長できなくなり、受精卵が羽化しにくくなるのです。トリキュラーはホルモンバランスを交換し、子宮内腔から分泌される粘液の粘度を高め、精子の子宮内への侵入を防ぎます。

三相性」とは、ホルモンの含有量が異なる3つの錠剤群を、剤形の順番に従って体内に取り込む薬の単位を表す言葉です。月経周期で日々増加するホルモンの分散に合わせ、よく効くように処方されています。絶対必要最小限のホルモンを実現するように設計されているので、余分なホルモンは摂取できないと考えてよいでしょう。日本の産婦人科で処方できる低用量避妊薬の中では、圧倒的に高価な薬です。ホルモン分泌が自然なパターンで行える三相性パターンで、体型に空白の負担をかけない低用量避妊薬として人気があります。

また、妊娠しやすい体質であるため、妊娠しやすい体質であることはもちろん、妊娠しやすい体質であることも重要です。その結果、臨床試験で明らかにされたトリキュラーの避妊成功率は99%でした。トリキュラーは、人工ホルモンであるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)で構成されています。トリキュロンの働きは、月経周期を模倣してそれぞれのホルモンを供給し、脳に妊娠したと思わせることです。

トリキュロンは、妊娠によるしがらみを修復するための黄体ホルモンと卵胞ホルモンに似たものを増やします。その効果により、脳や健康を妊娠していると誤認させ、排卵や受精、排卵床へのアクセスを抑制します。トリキュラーは、低用量ピルの中で最も浸透している経口避妊薬です。ドイツのSier Engagement Ring社(現Bayer AG)が1979年にトリキュラーの販売を開始し、現在では世界90カ国以上で女性に使用されています。

タイトルとURLをコピーしました