パキシル 通販井上薬局

ペクセップ20mg(パキシル・ジェネリック)

パロキセチン20mg(パキシル・ジェネリック)

 

 

 

 

パキシルの大要【通販井上薬局】

パキシルは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンに作用し、抗うつ作用と抗不安作用を示し、傷ついた精神、不安、心の葛藤、敗北感、疲労、食欲不振、睡眠障害などの症状を改善することができます。パキシルの服用にあたっては、ご自身の症状をよく観察し、気になる症状がある場合は速やかに医師や薬剤師に相談してください。

有効成分パロキセチンは、セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に含まれる抗うつ薬で、精神誘導の正常な状態を回復させる神経伝達物質であるセロトニンのシナプスの密度を増加させる作用がある薬です。パキシルは、セロトニン全身性セロトニン受容体阻害薬(SSRI)に分類され、SSRI阻害薬でもあります。主成分のパロキセチンは、神経交換体であるセロトニンを圧縮し、脳内の神経線維を強制的に変化させます。脳内のセロトニン濃度を強め、うつ病や強迫性障害などを改善します。

セロトニンなどの薬物の効果は、大きなショックやイライラによって鈍くなることがあります。パキシルなどのSSRIは、セロトニン摂取ポンプに容易に結合することで、セロトニンが神経末端に戻るのを阻害します。パキシルは、SSRI系抗うつ薬の中で最も優れていると考えられています。日本では次に認可されたSSRIであり、ジェネリック医薬品も販売されています。ペクセップもパキシルジェネリックです。パキシルは、うつ病やパニック障害だけでなく、不安障害や強迫性障害にも効果的な治療薬です。ジェネリックのペクセップも同様の効果があり、安価で入手できます。

パロキセチンの突然の中止や食事制限により、めまい、知覚障害(耳鳴りなど)、睡眠障害(悪夢を含む)、不安、イライラ、上機嫌、方向感覚の喪失、吐き気、震え、混乱、発汗、頭痛、下痢後などがポツポツと出てくることがあります。ほとんどの症状は、服薬中止後3~4日でベアとなり、その程度は軽度から中等度で、2週間程度で回復します。副作用は重く、改善するまでに4~5ヶ月以上かかることもあります。パロキセチンの服用を中止する場合は、状態を観察しながら数週間を超えて2~3ヶ月かけて徐々に体重を減らしていく必要があります。

パキシルは即効性を長く守ることを期待して、1日1回の服用で効果を実感することができます。パロキセチンは、これらの症状の改善、重い精神状態の改善、意欲の回復、世の中のドキドキ感の解消、コミュニケーションの改善などを目的として服用することができます。また、摂取頻度が少ないため、綴じやすいことも支持されています。パキシルは、うつ病やパニック障害のほか、月経前症候群(PMS)や摂食障害などにも使用されることがあります。

パキシルには注意点があり、うつ病患者は自殺願望(自分の死ばかりを考える)を持つ場合があります。このような取引には、行動の初期段階で組み込まれたパロキセチン薬の数を書き換え、自殺行為のリスクを増加させると報告されています。このリスクは、特に24歳以下の若年層で高くなります。摂取方法は、成人の場合、1日1回、食直後です。

タイトルとURLをコピーしました